ディーラー下取り査定

ディーラー下取りの査定安すぎませんか?

安くはない自動車ですから、
手放すときは適正な値段で引き取ってもらいたいものです。

 

ですが現実は、評価額が思った以上に安かったり、
値段さえつかなかったりすることがあります。

 

あなたもディーラー下取りの査定結果を
不満に思っていませんか?

 

愛車の評価額が不満なときは、
別の業者で査定を受け直すという手があります。

 

車の評価額は、業者によって差が出てきます。

 

愛車の状態や車種に適した買取サービスを選ぶと、
査定の結果がが大化けするかもしれません。

 

 

車の買取価格を決めるもの

 

 

中古車の買取価格は、
さまざまなポイントを評価して決められます。

 

車種、年式
事故歴の有無、
故障箇所など…

 

このとき、車そのものの状態が評価されるのはもちろんですが、
その車の買取価格を決めるポイントは、他にもあります。

 

 

 

「どの業者で査定を受けるか」も、買取価格に影響する

 

 

全く同じ車でも、いくつもの買取サービスで評価してもらうと、
査定の結果に十万円以上差が出ることがありえます。

 

古いのである業者では買取を断られた車が、
別の業者の査定では10万円で売れた…

 

という話が、実際にあるのです。

 

 

【カーネクスト】の買取事例

 

車種 トヨタ ハイエース
年式 平成9年
走行距離 289478km

 

車の状態
年式が古いため、別の業者で買取を断られている

 

買取価格 10万円

 

※記事を書いた時点で、
カーネクスト
公式サイトに掲載されていた買取事例です

 

 

このハイエースは、海外に転売するために
買い取られたそうです。

 

 

なぜ業者ごとに査定の結果に差が出るのか

 

 

車を買い取る業者にもさまざまなタイプがあります。

 

買取った車を次のユーザーへ直接販売する
オークションに出品する
海外に販売する

 

など、業者ごとに独自の販売ルートを持っています。

 

買取った車をどんなタイプのユーザーに売るか?
というのも、業者ごとに違いがあります。

 

高値をつけても買い取りたい車
買取が難しい車も違ってきます。

 

ですから、
ディーラーで低く評価された車も、
別の業者なら高値をつけてくれる可能性があるのです。